悪くなる前に早めの対処が大切です

虫歯のホント

虫歯のこと、どのくらい知っていますか?

虫歯は皆さんにとってとても身近な病気ですが、なぜ虫歯になるのか? どのように進行するのか? などをご存じの方は少ないものです。虫歯の原因、症状、治療法を知ることで、虫歯への最善の対処がわかります。

このページでは、虫歯についてわかりやすくご説明します。「虫歯になっている気がする方」「虫歯を予防したい方」はぜひ参考にしてください。

なぜ虫歯になるの?

虫歯の原因は、複数の要素が複雑に絡み合っています。虫歯菌が悪さをするのが主な原因ですが、毎日の食習慣やブラッシング習慣によるところも大きいのです。以下に虫歯になる4つの要素を挙げます。これらの要素を遠ざけ、虫歯のない健康な口内環境を目指しましょう。

糖分

食べかすに含まれる糖分は、虫歯菌の栄養源です。糖分を控えることも予防につながります。

虫歯菌

虫歯を引き起こす細菌です。糖分を栄養にして酸を出し、歯をじわじわ溶かしていきます。

時間

食後30分が虫歯菌がもっとも活発にはたらくといわれています。30分以内に忘れずにブラッシングしましょう。

口内環境

だ液や歯質が関係しています。ブラッシングできてないと虫歯菌が活動しやすい環境になってしまいます。

虫歯の進行段階と症状・治療法

虫歯は進行性の病気で、以下4つの段階に分けられます。段階ごとの症状と治療法を見ていきましょう。

初期の虫歯
歯の表面が溶かされている状態。歯が白く濁っており、よく見ると虫歯に冒された部分(患部)に黒い点が確認できます。
治療
患部を削って詰め物で補います。
象牙質の虫歯
歯の中の象牙質まで進んでしまった虫歯です。噛んだときに痛みを感じたり、冷たいものや甘いものが歯にしみたりします。
治療
患部を削って詰め物で補います。範囲にもよりますが、二回程度の通院で完了します。
神経の虫歯
象牙質の奥にある神経にまで進んでしまった虫歯です。熱いものもしみるようになります。神経が圧迫されるため、ズキズキと痛みます。
治療
神経を取って薬を詰める治療(根管治療:こんかんちりょう)を行います。通院回数は多くなりますが、歯を残せます。
末期の虫歯
歯冠(歯の頭の部分)がなくなり、歯の根の部分だけが残ります。神経が死んでしまっているので、痛みはありませんが、膿むと激痛が走ります。
治療
歯を抜いて、入れ歯やインプラントで補います。
※歯の状況によっては抜かずに歯を残せる場合もあります。

虫歯は予防すれば怖くない!

虫歯は早期発見・早期治療をすれば、怖くありません。虫歯を予防、もしくは治療できれば金銭的、肉体的負担が少なくなりますし、何より痛い思いや不便さを感じることがありません。当院では虫歯予防のために、定期検診による予防処置を行っています。

定期検診で虫歯を予防しましょう!

治療が終わったからといって、安心はできません。虫歯は再発しやすい病気。治った歯の健康を維持できるよう、定期検診を受けて再発を予防しましょう。

ブラッシング指導

歯並びや歯の形などに合わせて適切なブラッシングの仕方をレクチャーします。自分にぴったりのブラッシング法を身につけて、お口の健康を守りましょう。

フッ化物塗布

フッ化物には虫歯菌が出す酸の耐性を作る成分が含まれています。このフッ化物を歯の表面に塗り、虫歯に強い歯にします。

シーラント(お子さんの歯が対象)

六歳になると、大きな奥歯(六歳臼歯)が生えてきます。この歯は溝が深く、汚れが溜まりやすいので虫歯になりやすい傾向があります。シーラントは、溝に樹脂等を詰めることで汚れが残りにくいようにする虫歯予防処置です。

お子さんの虫歯は大人の虫歯とはちょっと違います!

お子さんの歯は大人の歯よりもやわらかく、虫歯菌が出す酸に弱いので、大人以上に注意が必要です。シーラントフッ化物塗布などを受けて少しでも虫歯の可能性を下げましょう。また、当院ではブラッシング指導を行っていますので、お父さん・お母さんもぜひ覚えて仕上げ磨きに役立ててください。

※園児のお子さんの治療には、ご両親に同席していただけます。まだ小さいから一人で受けさせるのは心配……という方も、どうぞご安心ください。

口臭が気になる方へ

治療後の銀歯が気になる方へ