気になる銀歯は白い歯に替えられます

銀歯が気になる

銀歯が気になって思いきり笑えない方へ

虫歯治療で入れた銀歯が気になる……

このような患者さんには、こすげ歯科医院では白く目立たないセラミック等を使用したより質の高い詰め物・被せ物への交換をご提案しています。本物の歯の色や形にあわせて作れて、自然な仕上がりが特徴です。銀歯の見た目が気になる方は、一度お気軽にご相談ください。

咬み合わせを考えた詰め物・被せ物をお作りしています

当院では、咬み合わせのバランスを考えて詰め物・被せ物をお作りしています。お口全体の歯並びとの咬み合わせを考慮しますので、咬んだときの違和感がほとんどありません。また、治療後にも誤差をなくすための調整に来ていただいています。ズレがある場合には研磨して違和感が出ないように調整しますので、ご安心ください。

白く目立たない セラミック治療

保険は適用になりませんが、白い歯と同じ色調の被せ物を作るのに用いる物がセラミックです。金属を使わないオールセラミックス、金属フレームの上にセラミックスを焼き付けたメタルボンドがあります。

オールセラミック
オールセラミック金属を使用していないため金属による歯肉変色やアレルギー等の心配がありません。審美的には現時点で最も良いものです。ただし単独の被せ物が適用です。
メタルボンド
メタルボンド金属フレームにセラミックスを付けるためセラミックスのもろい性質を補強して耐久性を持たせています。
単独の被せ物はもとより、連結したり、ブリッジに用いたりと応用範囲が広いです。
上の2種類ではそれぞれ欠点があるのですが金属フレームではなくその部分にジルコニアを使用することにより、広く応用範囲のきくオールセラミックスの被せ物もあります。
ジルコニアセラミックス
金属並みの硬さを誇る歯科素材。硬さだけでなく本物の歯に近い透明感を出せるため、もっとも自然な見た目が手に入るとされています。費用は高額ですが、美しい仕上がりを求める方から高い支持を得ています。

土台にも自然な白さを~ファイバーコア~

ファイバーコア被せ物をつける際にコアという土台を用います。従来はこの土台に金属が使われていましたが、セラミック製の被せ物をつけると「セラミックの白さが濁る」というデメリットがありました。

この「白さが濁る」というデメリットをカバーするために開発されたのがファイバーコアです。白い樹脂でできており、白さが濁ることはありません。当院でも扱っていますのでご希望の方はお気軽にお申しつけください。

ハイブリッドセラミック
レジン(歯科用プラスチック)とセラミックを混ぜ合わせた歯科素材。レジンのしなやかさによりセラミックの欠けやすさがカバーされています。費用も比較的リーズナブルで金属も使用しないため、当院の多くの患者さんからご好評いただいています。